ADHDとは、多動性、衝動性、不注意を特徴とする、
生まれつきの脳の機能障害です。行動上の症状が現れる、発達障害の一種です。

 
原因はまだ詳しくはわかっていませんが、生まれつきの脳の性質、
環境や遺伝的要因が複雑に絡み合って発症すると考えられています。

 
学童期の3~5%の子どもにみられ、
男女比は3~5:1と男児に多いといわれています。


スポンサードリンク




 

しかし、女児のADHDは、多動性や衝動性が現れにくく、
見逃されているケースも多いのではないかと言われています。

 
ADHDは、子どものころにその特性が強く、成長に従って
だんだんと症状がマイルドになるため、子どもの障害と思われがちですが、
特性は一生治るものではありませんので、大人でもADHDの人はたくさんいます。

 

【ADHDの特性】


 

★多動性
★衝動性
★不注意
これらの3つの特性は、個人によってその現れ方が異なり、3つのタイプに分類されます。

 

【ADHDの3タイプ】

 

★多動性・衝動性優勢型
★不注意優勢型
★混合型

 
不注意優勢型を特に「ADD」と呼び、
女児や女性では不注意優勢型が多いと考えられています。

もちろん、多動性・衝動性優勢型や混合型の女児・女性もいます。

ADHDの特性を、もう少し詳しく見てみましょう。
 

【ADHDの症状の例】


 

・仕事など、物事を行うのに詰めが甘く、最後まで仕上げられない
・作業を順序立てて行うのが困難で、計画的に物事を進められない
・あれこれ気になるものに手を出してしまい、すべてが中途半端になってしまう

 

・約束や、しなければならないことを忘れてしまう
・時間の感覚がわからず、遅刻ばかりしてしまう

・じっくり取り組む課題や仕事が苦手で、取り掛かるのを先延ばしにしてしまう

・長時間座っていなければならないときに、手や足をもぞもぞ動かしてしまう。
そわそわしているといわれる

・駆り立てられるように異様に活動的になったり、何かせずにはいられなくなることがある
・頭の中でいつもいろんな考えがひっきりなしに浮かんで、頭の中が騒がしい

・作業中に別のことに気を取られてしまう
・おしゃべりが止まらない、自分のことばかり話してしまう
・思ったことを、後先を考えずにすぐに口に出してしまう。不用意な発言をしてしまう
 
・人の話を集中して聞くことができない
・衝動買いをしてしまう
・言いたいことを我慢していらいらする

・仕事や作業でケアレスミスが多い
・忘れ物が多い、すぐにものをなくす
・お金の管理が苦手
・片付けが苦手

など

 
上記の症状は、あくまで一例です。


スポンサードリンク




ADDでは、次のような症状がメインになります。

 

【ADDの症状】


 

・おっちょこちょい、そそっかしい
・頭の中でいろんな考えがひっきりなしに浮かぶ(頭の多動)
・うっかり者と言われる
・余計なことまでしゃべりすぎる

ADHDの症状のうち、女性にとって特に人間関係に響くものを拾い上げてみましょう。

 

・約束を忘れてしまう
・遅刻する
・おしゃべりが止まらない、自分のことばかり話してしまう
・人の話を集中して聞くことができない
・思ったことを、後先を考えずに口に出してしまう
これらは、特に協調性を重んじる女性ならではの人間関係において、大きな障壁となります。

 

また、日常生活において家事分担の割合が多い
女性にとっては以下のようなことも問題となります。

 

・衝動買いをしてしまう(ブランドバッグなどを買いあさり、散財してしまう)
・お金の管理が苦手
・片付けが苦手、部屋が散らかっていることに気付かない
・家事になかなか取り掛かれず、先延ばしにしてしまう
・郵便物の投函や電気料金などの支払いを忘れる

 

・必要なものを買い忘れる
・洗濯中にほかのことに気を取られて、干し忘れる
・鍋ややかんを火にかけていることを忘れて、吹きこぼす
・料理の手順がわからなくなる、優先順位がつけられず平行して調理ができない

 

など
こういったことから、日常生活に支障をきたし、結婚が長続きしないこともあります。

ほかに、空想の世界に飛んで行ってしまいやすいという特性があります。

これは「デイ・ドリーマー(昼間に夢を見る人)」とも呼ばれ、
空想にふけっている間に時間がずいぶん経過してしまうなど、
困ったことが起こります。

 

不注意優勢型の人に多くみられる症状だといわれています。

「片づけられない女性はADHDだ」などと、一般的に思われていますが、
実際には片づけられないだけではADHDとは言い切れません。


 
片づけられない以外に、上記のような、日常生活や社会生活において
大きな支障があれば、ADHDと診断される可能性があります。

日常生活や社会生活において、あまりにもうっかりミスが多かったり、
生活に困難を感じているようであれば、一度専門家の診察を受けてみましょう。

 

ADHDであれば、対処方法があります。