愛子様は、自閉症や発達障害やアスペルガー症候群ではないかとの
噂が色々と出ている様です。

それらの噂が出る背景には、それぞれの障害と一部特徴が重なる面が
あるからだそうです。

しかし、あくまでも噂程度に過ぎませんが、一つずつ特徴を見て行きましょう。


・愛子様は目を合わせようとしない?



愛子様が目を合わせようとしないのは、たまたま視線が
合わなかったのか、人見知りだったのかは謎のところです。


スポンサードリンク





目を合わせられないのは、自閉症の特徴で、
小さい子供の時はより視線は合いにくいそうです。

ですが、大人になるに連れて、これは改善される場合もあります。
愛子様がもし現時点で視線が合わなかったとしても、成人すれば
目を合わせられる様になる希望はあります。

自閉症の子供は相手の目を見るのがどうしても怖いそうです。
その場合は相手の鼻を見るように指導するそうです。



目は見れないけど、鼻なら何とか見れるケースはあります。
徐々に視線を上に向かせて目を合わせられる様に仕向ける事は大切です。

これは、小さい頃から教育する必要があります。
人と話す時は、相手の目を見て話すと言うのは基本となってきます。


愛子様は、あまりしゃべっている様子がない?



愛子様が喋っているシーンがあまりないとの事ですが、
これはカメラの前や大勢の人の前だけなのかは謎です。

家庭内では父や母と沢山話しているかもしれません。


言葉が遅い、会話ができない、これは典型的な発達障害の特徴です。

3歳になっても、単語しか話さず、会話ができない、
あまり喋れない場合は、発達障害が考えられます。

単語は喋れるけど、会話ができない。喋るのが下手。
単語ばかり言って、助詞がうまく使えない。

自分の言葉で上手く説明する事ができないので、
話す事が億劫になってしまいます。

どう話していいか分からないから、あまり喋らなくなります。

喋らないのは、もう一つの要因があります。

発達障害の子供は、母親や周囲の人に関心や興味がなく、
言葉を話さない傾向があります。


スポンサードリンク




この場合は、話したいという気持ちがない状態です。
そもそも興味も関心もないので、話す意味すら見当たらないでしょう。



愛子様は興味のある分野への記憶力が優れている?



アスペルガーの人は、興味のある分野に話が及ぶと、
それ程話さなくても良いのにと思うほど話続けてしまいます。

あれもこれもと興味を持てない代わりに、
興味のある事を深く知ろうとするので
驚くような知識を持っている場合が少なくありません。


その為、興味のあることに関しては、過剰なほどに集中してしまう癖があります。


その集中は、他の人に声をかけられても耳に入らず、
一晩中でも集中を続けられるほどです。

何か興味のある分野を見つけて、その分野に集中すると、
その分野で才能を開花させるケースも少なくありません。

確かに興味のない話は、無関心で話すら聞かないのは問題ですが、
何か一つの興味のある分野を磨く事ができる長所もあります。

結果的には、興味のある分野で将来の道筋を見つけられるかもしれません。



・愛子様は表情がない?



愛子様が表情がないというのは、たまたまカメラに映った時が
笑っていなかったと言うのが考えられます。

笑う姿も度々、テレビで流れているので、表情がないと言う事はないでしょう。

大人になるにつれて、カメラの前では作り笑いなどもできる様になるでしょう。
子供のうちは、素の状態で表に出るので、どうしても無表情の部分も
映ってしまっているのでしょう。



ちなみに、赤ちゃんが笑わないのは発達障害児の特徴の一つです。


泣かない特徴と同じで、発達障害児は自分の気持ちを表情にだしません。
母親があやしても、喜んでいるのか、よくわからない反応しかしない特徴があります。

赤ちゃんは、手を叩いたり、バーって言ったり、母親が笑ったりすると、
一緒に笑ったりします。

発達障害児は、人に興味や関心がなく表情が少ない特徴があり、
ほとんど笑ってくれません。

愛子様の逆さバイバイは?



手のひらを見るのが好き

自閉症の子供の特徴には手をひらひらとさせて楽しむことが有ります。

手をひらひらさせるのが好きな理由には、
「感覚遊び」「常同行動」「動きを眺める」「気持ちを落ち着かせる」
などがあります。

その為、バイバイを促されて手を振っている様でも、
本人としてはバイバイをしているわけではなく
手のひらを眺めて動きなどを楽しんでいる場合もあります。