山口達也さんは、音に敏感?



山口達也さんは、音に過剰に気にしすぎて、
不眠症になったということを言っていた時がありました。


アスペルガー症候群は、音に対する感覚が非常に敏感です。


スポンサードリンク




例えば以下の様な音に敏感に反応します。

・人混みのざわざわした音
・様々な音が混じった空間
・大きな音
・機械の動作音
・子どもの騒ぎ声、泣き声

・怒鳴り声
・突然の大きな音
・掃除機の音
・時計の秒針の音
・鉛筆で文字を書く音
・ガムを噛む音
・救急車やパトカーのサイレンの音


大抵の人にとってリラックスできるようなBGMや
気にならないテレビの音でさえ、アスペルガー症候群の人には
過剰に反応してしまうのです。


「今すぐ、この音を止めてくれないか」

「今すぐ、この音が出る空間から立ち去りたい」

「この音、どうにかならないか」


など音に対して、敵意を剝き出しにしてしまいます。


普通の人は、が「このぐらいはがまんできるだろう」と思っても、
アスペルガーの人にとっては、全くもって我慢できない領域となります。

アスペルガーの人は嫌いな音が聞こえると、「泣いてしまう」
「パニックになる」「耳を押さえてしまう」
「いやな音を掻き消そうと大きな声を出す」「ぼーっとしてしまう」
など人により様々な症状が出てしまいます。


本人が音の発生原因を理解している場合には、
「テレビやCDデッキの電源を消してしまう」
「原因となるものを隠してしまう」などの行動をしたりします。


例えば、家の近くで工事している場合の音はどうにもなりませんので、
耳をふさいだり、窓を閉めたり、するなどといった対処しかありません。

自力で消す事のできない音については、我慢するしかないのです。
それが、毎日の様に継続的に聞こえる場合は引っ越しも考えるでしょう。

例えば、毎日の様に近所の子供が騒いでいるとか、
近所でピアノを弾いている人がいるとか、
近所の犬が頻繁に吠えているとか、

気になって仕方ない音が継続すると、精神的に追い詰められますので、
環境改善しか選択肢はなくなってきます。


スポンサードリンク





山口達也さんは話が単調になる事が多い?



話が単調になる事が多いと言うのは、アスペルガーの特徴です。


例えば、会話は「うん」や「わかんない」がほとんどで、
何を言っても「はい」で片づけられてしまうケースがあります。


アスペルガー症候群の症状には、他の人に共感しにくい傾向があります。
共感ができないから、相手の話に真摯に受け答えする事ができません。

普通の人の会話は、相手の目を見ながら、身振り手振りを交えながら、
表情を豊かに変化させ、言葉を発してコミュニケーションを行います。


豊かな身振りやほほえみの表情、温かいまなざしなどが
あればすぐに会話が弾むものです。

アスペルガーの人は、相手のに合わせる事ができないので、
会話しても相手の反応が無表情で、身振りもまったくなく、
視線も合わさない、機械が話すような単調な口調で話します。

普通の人は、何を言っても単調なリズムでしか返事が
返ってこないと嘆いてしまいます。

何よりアスペルガーの人と話してもイマイチ盛り上がりに欠けます。
コミュニケーションは弾む事無く短時間で終了しやすいのです。



会話というのは、キャッチボールのようなものであり、こっちが話したら
次は相手、その次はこちらというふうに交互にやりとりして成り立ちます。

一方的に相手がボールを投げ続けるでは、会話が成り立つわけがありません。


山口達也さんが離婚した理由は?



山口達也さんは離婚理由を

「私が未熟で幼稚だった。自分のペースでいたので彼女が疲れてしまった」
と話し、妻から離婚を切り出されたことを明かしました。


眼帯も離婚との関係があるか尋ねられたが
「サングラスをかけて自転車に乗っている時にころんだ」と説明しました。

“夫婦ゲンカ”ではないと明言しました。

「夫婦ゲンカなら、僕から離婚を切り出してますよ」
と笑顔で話し、記者からも笑い声が漏れた。

眼帯の真相は、謎がありますが山口さんの説明を信じてあげましょう。


山口達也さんはアスペルガーを公表した?



山口達也さんは、アスペルガーを公表していません。

これは、山口さんの行動や言動や態度が、アスペルガーの
特徴と一部重なり合うところがあって噂が立っているだけです。

本当にアスペルガーかどうかの確証はないのです。