ADHDとは、多動性、衝動性、不注意を特徴とする、
生まれつきの脳の機能の障害です。動き回ることを止められない、
衝動的に行動してしまう、注意を払い続けることが難しいなどの
症状がある、行動上の障害です。


 
学童期の3~5%に見られるといわれており、
男女比は3~5:1と、男児に多いと考えられています。



スポンサードリンク




ADHDの原因は、まだ詳しくはわかっていませんが、
生まれつきの脳の体質、環境、遺伝的要因などが
複雑に絡み合って発症するといわれています。

 

また、神経伝達物質であるノルアドレナリンやドーパミンの働きに異常があり、
そのために行動上の障害が現れると考えられています。

ADHDの治療では、まず気が散らない環境を整えることや、
周囲の人間が適切なかかわり方をするよう、工夫します。

それでも症状が治まらない場合、薬による治療が行われます。
ADHDの薬には、コンサータとストラテラの2種類があります。

ここでは、コンサータを取り上げます。

 

【コンサータについて】


 
コンサータは、一般名をメチルフェニデート塩酸塩といいます。

 

メチルフェニデート塩酸塩には、「リタリン」と「コンサータ」があります。

 

「リタリン」はナルコレプシーの治療に使用され、「コンサータ」はADHDの治療に使用されます。

 
以前は、リタリンもADHDの薬として使用されていたのですが、
作用時間が短く乱用する人がいたり、依存性が問題となり、
現在ではナルコレプシーのみ適応となっています。

 

コンサータは、ゆっくりと効果が出る徐放性の薬で、
小児や成人のADHDの治療に使用されます。

 

作用機序の詳細は不明ですが、神経伝達物質である
ドーパミンやノルアドレナリンなどを活性化させるといわれています。

 

コンサータは、中枢神経を刺激する薬で、中枢神経を刺激することによって
精神的活動を高める興奮剤です。

 

徐々に効き、効果が長続きするよう、成分の放出を制御できるシステムを応用し、
即効性と持続性を兼ね備えています。

 

そのため、コンサータの効果は12時間持続します。

 


スポンサードリンク




朝1回服用すれば、学校や仕事中に服用する必要はありません。

 

ストラテラは服用してから効果が出るまでに数週間かかるといわれていますが、
コンサータは飲んだその日から効果が感じられます。

 

コンサータは依存の問題はかなり低くなっています。

 

コンサータは便利な薬ではあるのですが、不適切な使用や流用を避けるため、
処方や調剤ができるのは、登録された医療機関や薬局に限られています。

 

ですから、ADHDと診断されても、コンサータが処方できない医師が
主治医である場合、コンサータを処方してもらうことはできません。

 

コンサータは、18歳未満は18mgから飲みはじめ、18~45mgで維持します。

 

18歳以上の場合は、18mgから飲みはじめ、0適切な量で維持します。

ただし、1日に72mgを超えて服用することはできません。

 

【コンサータの効果】


 

コンサータを服用した当事者たちは、以下のような効果を感じています。

 

・体が楽になった、体が軽くなった
・服用すると、すっと気持ちが落ち着く
・先延ばし癖が落ち着き、作業に取り掛かりやすくなった
・根気強くなった

 

・冷静に、落ち着いて物事を考えられるようになった
・目が覚めた感じがする
・周囲が散らかっていることに気付くようになった、片付けができるようになった
・世界が明るく見える、立体的に見えるようになった

 

・集中力が増し、脳の処理速度が上がった
・周囲の余計な刺激を遮断することができ、世界が静かになった
・過集中がおさえられる
・時間の感覚が分かるようになり、生活リズムが整った

 

・衝動買いをしなくなった
・頭の中が静かになり、物事を集中して考えられるようになった
・イライラが減った
・物事の優先順位がつけられるようになった

・周囲から見ても、行動の変化が感じられる、
・子どもの場合、かんしゃくを起こして暴れることがなくなった
・気持ちの切り替えがうまくいくようになった
・人の話を集中して聞けるようになった

など
実際に効果を感じている人がたくさんいます。

 

また、ストラテラでは十分な効果を得られなかった人の中にも、
コンサータがよく効き、落ち着いたという人もいます。

ストラテラが効かず、コンサータを試してみたい場合など、
一度医師に相談してみましょう。

 

ただし、副作用があること、休薬など適切な管理が
必要であることをしっかりと覚えておいてください。