二宮和也は脳機能障害?



7月20日に放送された『ホンマでっか!?』と言う番組に、
嵐の二宮和也さんと相葉雅紀さんが出演されました。

番組の中で二宮さんが悩みを脳科学評論家の澤口俊之氏に相談した内容は、
「自分に興味が持てない」というものです。


スポンサードリンク




二宮さんは、「自分のことが好きでもなければ嫌いでもなくて、興味がない」らしいです。

具体的には、

「取材とか受けてるときに、好きな食べ物は何ですかとか、
好きな色は何ですかとか、マイブームって何ですか、なんだろうな?」
と語る程、自分に興味がないと言うのです。


そんな二宮さんに対して、澤口氏は
「もし本当に自分に対して意識がなかったら『セルフネグレクト』っていう、
れっきとした病ですよ」と診断しました。

脳機能障害か、脳のダメージがある可能性があると説明がされました。

可能性があるに踏みとどまっており、確定的な診断ではありません。
ただ、自分に興味関心がないという症状は、脳機能障害の方にも
みられるのは事実です。


セルフネグレクトとは?




セルフネグレクトとは、日本語に訳すと「自己放任」という意味です。

自分の意思で、食事や、衛生管理を行わず、身なりなどにも無頓着になり、
他者に対して援助も求めようとしない状態のことです。

簡単に言えば自分への関心がなくなる事です。


自分に関心がなくなると、すぐに日常生活に支障が出ます。

人間関係は希薄になったり、何をしても投げやりになったり、
普通であればだれもが持つような自分を満たすための欲求も感じないなど、
社会からも疎外されがちです。


近年は核家族化が進み、インターネットの普及の影響などもあり、
対人関係が築けずに引きこもりがちになったりと、
セルフ・ネグレクトの若年化が広がっています。


スポンサードリンク




セルフ・ネグレクトの多くは、自分がセルフネグレクトの
症状があることに気付かずに、面倒臭いからといって
部屋のゴミを放置するようになり、しだいに生活習慣や感覚が麻痺していきます。

やがては生活空間に悪臭がしたり、ゴミに埋もれながらでも
平気で暮らせるようになり、他者の介入を拒否するようになっていきます。


セルフネグレクトの症状



①食べる気力もない、必要な食事を取らない。
②掃除をせず不衛生な環境で生活しても平気になる。

③医療や福祉のサービスを拒否する。
仮に重大な病気などにかかっていても、ケアを受ける事もせず放置してしまう。

④金銭の管理をしっかり行わない。
⑤家族や友人との交流をしなくなる。


⑥風呂やシャワーなどの清潔さへの関心も薄れる。
⑦洗濯していない服をずっと着ている。
⑧地域の中で孤立


セルフネグレクトの原因



①家族・親族・地域・近隣等からの孤立に対する影響

友人関係・家族関係・地域等からの孤立、家族との離別
を原因とした孤独な状況によって幸福感を得られず、
生命維持への意欲を低下させます。

②認知症、精神疾患、による認知・判断力の低下

判断力の低下によって自己管理ができなくなるケースです。


③経済的困窮

勤労意欲の低下当から離職・失職をして収入を失うなど、
収入面での著しい不安が自らの管理放棄に繋がることもあります。


③世間体、遠慮、気兼ねによる支援の拒否
④サービスの多様化・複雑化による手続きの難しさ
⑤家族を介護した後の喪失感や経済的困窮
⑥介護者が高齢あるいは何らかの障害を持っている場合
⑦引きこもりからの移行