ADHDとは、多動性や衝動性、不注意を特徴とする、
生まれつきの脳の機能障害です。


集中力に欠けたり、興味のあることにすぐに目をひかれてしまったり、
じっとしていなければならないときにウロウロしてしまうため、
集団で生活するうえで非常に困難を伴います。


 

ADHDを含む、発達障害について調べてみると、
「実はあの有名人も発達障害だった!」などという文章がたくさん見つかります。


スポンサードリンク





 
例えば、以下のような人たちです。


【ADHDなどの発達障害であるといわれる偉人・有名人】



・黒柳徹子

・ウィル・スミス

・ブリトニー・スピアーズ

・坂本龍馬

・レオナルド・ダ・ビンチ

・アインシュタイン

・エジソン

・モーツァルト


など

 
上記のうち、黒柳徹子さん、ウィル・スミスさん、ブリトニー・スピアーズさんは、
診断済みであったり、ご本人がそのことについて言及しておられます。


 
黒柳徹子さんについては、「窓際のトットちゃん」に書かれていることや、
テレビでお見掛けするマシンガントークから、
いかにもADHDであるという印象を受けますね。


それ以外の人たちについては、あくまで伝わっているエピソードから、
ADHDなどの発達障害であったのではないか、と推測されているだけです。


彼らが生きた時代には、発達障害という概念が
なかったのですから、診断できるはずがありません。



ただ、彼らが多数派さんとは違った感性や感覚、
物の見方をしていたことは、本当でしょう。


そうでなければ、多数の発明をしたり、常人にはとても
思いつかないような発見をしたりすることは難しいと思います。




さて、ではADHDを抱えている人はみんな有名な偉人や
英雄
になれるかというと、残念ながら、そうではありません。


ADHDを抱えていて、有名な偉人や英雄になれる人は、
ごく一握りの人たちです。


それは、健常者でも同じです。たまたま才能を持ち合わせており、
周囲の環境が整っていた人が、才能を発揮する機会を与えられたと考えるのが適切です。



 

ADHDの人はみな才能があるように思われがちですが、それも誤解です。



有名な人だけを取り上げて、「○○という人もADHDだったといわれている」
と解説してしまうと、「ADHDだから有名になった」と印象に残ってしまうため、
「ADHD=有名人な偉人や英雄になる」と思ってしまうだけです。


 
彼ら有名な偉人や英雄の生きた時代には、
ほかにもたくさんのADHDの人がいたはずです。


しかし、そうしたADHDの人のほとんどが、
名も知られない一般人として、一生を終えていることでしょう。


 

スポンサードリンク




ただ、ADHDの人の特性が、
偉業を成し遂げる一因になることはあると思います。


【偉業を成し遂げる一因となる、ADHDの特性】




・好奇心旺盛で、様々なことに興味を示す
・新しいものや新しい情報が好き
・自分の興味のあることには、異常なほどの集中力で取り組む


・興味のあることには、一度にたくさんのエネルギーを
 つぎ込むことができるので、物事の処理スピードが速い


・莫大なエネルギーで、したいことを成し遂げる

・後先を考えず衝動的に行動することが、
 リスクを恐れずどんどん新しいことに挑戦することにつながる


・行動力がある
・決断力がある
・突飛な発想やひらめきがある
・独特の感性を持っている


 
ADHDの多動性や衝動性は、長所としてとらえれば「行動力がある」
「リスクを恐れない」ということになります。


また、不注意は「様々なことに興味を示す」
「新しいこと、面白いものを目ざとく見つける」ということになります。



しかし、これらの特性を持ち合わせているだけでは、
有名な偉人や英雄にはなれません。

特性を持ち合わせていて、かつ、それらの特性を理解し、
能力を伸ばしてくれる人がいることが大事なのです。




例えば、黒柳徹子さんは、小学校一年生の時に、
おとなしく授業を受けることができず、退学処分になってしまいます。



その後、黒柳徹子さんのお母さんが、
彼女に合った学校を探し出し、そこに通わせます。


その学校の校長先生をはじめとする先生方は、どの子の個性も大事にし、
決して否定することはありませんでした。



そうした環境があったことで、彼女は自信を取り戻します。


ADHDの人は、障害に気付かれず、幼いころから叱責され続け、
自己肯定感が下がりがちです。


うつ病などの二次障害を引き起こすことも多いといいます。

ADHDの人が活躍するには、自己肯定感を下げず、
自信をもって好きなことに取り組める環境が必要です。



自分に自信を持つことで、自分の特性を受け入れ、
長所を伸ばしていくことができます。


 
参照:ADHDは天才が多い?才能を持っている?

参照:ADHDの有名人・芸能人!日本人公表まとめ

「ADHDだから偉業を成し遂げるはずだ!」という思い込みはいったん捨てて、
当事者そのものをよく見てください。それぞれ、個性があるはずです。



その個性を良い方向へ伸ばす手助けをしていただければと思います。