ADHDと聞くと、「片づけられない障害」とイメージする方も多いことと思います。
最近では、以前に比べ、発達障害に対する認知度が上がってきました。

 

ADHDを知ってもらうために、「片づけられない障害」として紹介されたこともあり、
ADHD=片づけられないという認識が広まっています。


スポンサードリンク




確かに、ADHDの人には、片付けが苦手な人が多いです。

 

でも、全員が全員、片付けが苦手なわけではありません。

 

また、片付けができない=ADHDでもありません。

そもそも、ADHDとはどういった障害なのか、簡単に説明しましょう。


まず、部屋が散らかっていることに気が付かない、
足の踏み場もないくらいになってはじめて、
部屋が散らかっていることに気付くという人もたくさんいます。
何かをしているときにほかのことに気を取られてしまい、
するべきことを忘れてしまう特性により、散らかってしまうこともあります。

 

例えば、「ごみを捨てよう」と思っているときに、別のことに
気を取られて捨て忘れ、そのままといった状態です。
片づけ始めたのはいいけれど、「あっちも片づけなきゃ!」
「こっちも片づけなきゃ!」と、次々に気になる場所が出てきてしまい、
衝動のままに動いてしまうことがあります。

 

一度にあちこち片づけようとしてしまい、
部屋中がかえってごちゃごちゃになってしまいます。
また、捨てるべきものと残しておくべきものの判断がつきにくく、
物が増えていく一方になってしまいがちです。

 

これは、優先順位がつけられないという特性によるものです。

こういった特性に対し、整理する方法はいくつかあります。

 

 

【ADHDの人の片付け方法】

 

・まず、部屋に入るものを制限し、必要最小限にします。

 

ごみを出さない買い物の仕方をしたり、本当に必要なものを
必要な分だけ買うなど、物の出入りをコントロールします。

 

 

・物を捨てられないときは、ルールを作りましょう。

 

「1年使わなかった物は捨てる」などルールを決め、きっぱりと決別しましょう。

 

ぐだぐだ考えていると、片付けははかどりません。「えいや!」で捨てることが大事です。

 

どうしても捨てられないときは、ほかの人に手伝ってもらうことも考えましょう。

 

・片付け中にほかのものに気を取られるときは、定期的にタイマーを鳴らすなどして、
今していることを思い出せるようにしましょう。

 

・片づけるときは、全部いっぺんに手を付けるのではなく、
小さなエリアに区切って手を付けるようにしましょう。

 

片づけも、スモールステップで行います。


スポンサードリンク




部屋の隅から順番にスペースを作っていかないと、片付くものも片付きません。

 

・片づけるときは、「仕事のもの」「病院に必要なもの」「毎日使うもの」
「時々使うもの」「絶対に忘れてはいけないもの」などのカテゴリーを作り、
仕分けしましょう。

 

保存袋や小さなかごなどを利用し、小さなカテゴリごとに仕分けしましょう。

 

それをさらに大きなコンテナや引き出しにしまい、
パッと見てどこに何があるかわかるようにしましょう。

 

・仕分けた袋やかごには、入れるものの名前を書き、
一見して何が入っているかわかるようにするのもよいでしょう。

 

・ものにはすべて住所を決めてあげましょう。使ったものは、
必ずおうちに帰してあげます。そうすることで、なくしものが減ります。

 

・小さいころから、使ったものは必ずすぐに元に戻すという習慣をつけることも大事です。

 

筆者もADHDと診断されており、どちらかというと部屋は散らかっている方です。

 

しかし、「使ったものは必ず元に戻す」というルールを守っているため、
いわゆる「汚部屋」になることは防ぐことができています。
片づけられないからとあきらめるのではなく、
どうすれば片づけられるか?を考え、工夫して生活しましょう。